論理的文章を書く方法

「論理的文章を書く」といえば、「敷居が高い」「難しい」などと思う人もいるかもしれませんが、実は「論理展開の方法」や「非論理的な文章になる原因」を知っていれば、それほど難しくはありません。そこで、ここでは、論理的文章を書く方法を紹介しています。特にビジネスでは論理的文章を書くことが求められていますので、大学生や社会人にお勧めです。

論理展開の方法(基本)

説得力がある文章を書くには、論理展開の方法を学ぶのが一番です。そこで、ここでは、論理展開の基本を説明します。なお、本格的な論理展開の方法については、他の書籍をご覧になってください。ここで基本を身につけると、他の書籍を読んでも頭に入ると思います。

論理展開を知ると、伝わる!説得力がある文章を書ける!
2つの論理展開〜演繹法と帰納法
演繹法は、結論→理由→「枠」にはめる
帰納法は、「結論」をいえる「材料」を集める
演繹法で失敗する原因
帰納法で失敗する原因
・演繹法は論破しにくく、帰納法は論破しやすい
必要条件と十分条件
・MECE

非論理的な文章になる原因

自分では、論理的に文章を書いているつもりでも、「話が飛んでいる」「筋が通っていない」「非論理的」などと言われることがあるのではないでしょうか。なぜ、そのように言われてしまうのでしょうか。ここでは、非論理的になる原因を紹介します。

原因と結果を取り違えていると、論理的文章にならない
原因と結果が無関係ならば、論理的文章にならない
結果が間違えていれば、論理的文章にならない
循環論法は非論理的
一貫性が欠如すると論理的文章にならない
主観と客観を常に意識しないと論理的文章にならならい

あなたの文章能力を向上させる方法のトップページ